pecoins

ぼちぼち忘備録。
<< ほくほく | main | それはあなただけが苦しんでいるのではない >>
スノードーム
0
    スノードーム
    求龍堂
    Alex Shearer(原著)石田 文子(翻訳)
    発売日:2005-01
    おすすめ度:4.5

    「いまさら後悔の念を彼らに送ったところで、何になるというのか。」

    やー、すごかった。
    青空のむこう
     を書いたアレックス・シアラーの作品です。ティーンズ向け小説が好きな人にもお勧めできるような内容でした。

     おおまかなあらすじとしては、額縁構造の作品。
     科学者のクリストファーがある日突然失踪。同僚のチャーリーは、失踪したクリスの置手紙と原稿を見つける。その原稿には、研究の合間を縫ってクリスが描いた彼の過去が書いてあった…
     クリスの原稿中に出てくる、エックマンという登場人物が本当に悲しいんです。自分の容姿が醜いからといって、好きな女性に声もかけることができない。誰かにそばにいてほしいと思ってもそれはかなわない。
    そのうちエックマンの愛情は徐々に歪み始めるが、それでも誰かを愛したいという気持ちがあるのだという表現方法が大変すばらしかったです。
     邦題の付け方も素晴らしいですね♪

     A・シアラーは今大体60歳ぐらい。すごいなー、こんなおじいちゃんほしいな(笑)

    誰かが進めてくれた作品なのですが、読めて本当によかったー。満足。
    評価:
    アレックス シアラー
    求龍堂
    ¥ 1,260
    (2005-01)
    コメント:誰もが心の中に持っている愛情や嫉妬を、こんなにもきれいに描ける作家はなかなかいないでしょう。読んだ後の読了感がすごい。おすすめです!

    | Peco | 本・小説 | 13:50 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 13:50 | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      << February 2020 >>
      + PR
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + CATEGORIES
      + ARCHIVES
      + GREMZ!
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE